統合失調症(分裂病)及び躁うつ病(双極性障害)の治療、東京

東京都目黒区祐天寺、渋谷区・世田谷区近辺
Tel: 03-3716-6624  English version

日本語を流暢にできる東京大学医学部にて医学博士号を取得した米国精神科認定医であるバーガーダグラスによって統合失調症(分裂病)のセラピー及び躁うつ病(双極性障害)のセラピーに対するセカンドオピニオンを行っております。Dr.バーガーは米国及び日本で統合失調症及び躁うつ病(双極性障害)に対して長年の経験があり、特に病院で処方されている薬が多く、どの薬が効果をもたらしているのか、どの薬が副作用を起しているのは分かりにくく、薬療法を合理化・単純化したほうがいいと思われます。また、日本にない向精神薬の最前線に面している米国の精神薬理学の情報・経験が豊富であります。

入退院の繰り返し、服薬遵守を守らず、薬の種類を頻繁に変えられて最近のカウンセリングのなかで、解決策を見つけたい、別の観点から統合失調症(分裂病)及び躁うつ病(双極性障害)セカンドオピニオンというかたちでDr.バーガーが実施しております。

日本の制度では、医師の診察は数分間しかなく誤診・薬療法のミスや薬の最適化調整に欠くことが少なくありません。その場合、向精神薬に精通しているDr.バーガーが、処方箋を出して頂ける当センターと精神科のくすりの処方に慣れた日本の医師へ行くようにすすめます。薬に関するDr.バーガーがのアドバイスを当該医師が確認します。また、提携医師は一般医(内科など)であり、いわゆる「精神科」や「神経科」へ通院している恥ずかしさはありません。なお、整合性のとれたカウンセリングを受ければより円滑なセラピー過程及びセラピー効果を得られると思われます。



当サイトの主なリンク

ホーム English Version Here (英語版)カウンセリングアプローチ精神力動学的精神療法認知療法中核問題・防衛パラダイム夫婦・カップルカウンセリング精神防衛が起しうるセラピーの妨害精神科の薬についてカウンセリング東京:不安症とうつ病のスペシャリストうつ病のクイックチェックよく診られる臨床的な症例東京児童・青少年カウンセリングサービスADD及びADHDカウンセリングリンク集(英語のみ)役にたつカウンセリングに関する書籍(英語のみ)企業向けの心理サービス海外在住邦人のサポートセラピスト受診に関する詳細場所及び診療時間お問い合わせ

Tokyo Meguro Counseling Center logo design by Burt Berger, AIA Emeritus, October 2008.

カウンセリングリンク

お問い合わせ

東京目黒カウンセリングセンターでは、日本及び米国でのカウンセリング経験が豊富なセラピストによる、東京でのカウンセリングサービスです。


記事一覧へ

目黒カウンセリングセンターが東京ファミリー誌へ投稿した記事一覧(絵をクリック)。


産後うつ病へ

目黒カウンセリングセンターでは東京妊婦グループにて、産後うつ病の講演をしています(絵をクリック)。


Rockefeller大学

東京目黒カウンセリングセンターは、米国Rockefeller大学神経科学部門へカウンセリング収益から寄付を行っております。


目黒カウンセリングセンターのTwitterページ

目黒カウンセリングセンターのTwitterページ(日本語・英語)。


目黒カウンセリングセンターの FB

目黒カウンセリングセンターのFacebookページ。


目黒カウンセリングセンターのYouTubeビデオです。イメージを2回クリックすると大きい画面で見れます。 第一講座: 初診の診断。

第二講座: カウンセリングの方法。